社畜のダメリズム脱出日記

ダメリズムから脱出するための超個人的な日記。。。のつもりでしたが、もはや雑記です。

「捨てられない」を「捨てられる」へ転換

一言で言えば「自炊で紙媒体を電子化して、捨ててしまおう」というお話。

技術書等が場所を取って仕方がない。とは言え、捨てたいけど捨てられない。
レシートとか記録に転記したいけど、日々溜まる方が速くて整理が追いつかない。
そんな紙媒体が溜まりに溜まって困っている方に、是非実践していただきたい内容です。

オススメの機材

自炊の定番。信頼と実績が物語っていますね。

  • ◎な点
    • 読み込みスピードの速さと正確さ
    • 付属ソフトが充実している
    • Windows/Mac両方に対応している
    • USB3.0対応
  • ◯な点
  • ✕な点
    • やっぱり価格かな。正当な対価だとも思うけど、もうちょっと安くならないかなぁ。
  • DURODEX 200DX

書籍の背表紙や糊面をカットするための断裁機。

  • ◎な点
    • 切れ味が良く、他のメーカーよりも多くの枚数をカットできる
    • 断裁時に書籍を一定位置からズレないようにする目盛りとガイドがある
    • LEDで断裁されるラインを照らしてくれるガイドがある
  • ◯な点
    • 重さゆえの安定性がある
  • ✕な点
    • やっぱり価格かな。流石にちょっと高過ぎる感が。。。
    • 保証書代わりに箱を取っておく必要がある。自炊で空いたスペースを占拠する事態に。。。本末転倒もいいとこ、頂けません。

↓のようなセット品もありますが、値が張るので個別に安いものを入手されるのがよさそうです。
PFUダイレクト | ScanSnap iX500 断裁機200DXセット | PFU
石川県かほく市の「ふるさと納税」でIX500を入手するという手も!?
ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 石川県かほく市 - ㈱PFUのScanSnap iX500(スキャナ)

機材のオススメな使い方

WiFi接続よりも安定しサクサク取り込めます。PCがUSB3.0に対応していると捗ります。

ただ取り込んでPDF化するだけでも問題ありませんが、OCR処理をすれば検索可能なPDFをにもなり
データサイズも削減できます。


これで「捨てられない」を「捨てられる」に転換できますね。
さくっと捨てて綺麗さっぱりしちゃいましょう!

最後は、取り込んだデータの活用です。
携帯デバイスに取り込んで読むも良し、PCに取り込んで読むも良し。
必要なときに適宜呼び出せるようにしておけるとベストでね。

私は自炊した技術書をiPhoneに取り込んで、iBooksで移動中とか出先で見てます。